処方箋がなくてもタダリスは買えるとうわさの個人輸入の評判やいかに!

処方薬の個人輸入のススメ

医薬品である処方薬は、医師の処方箋が無ければ日本国内では購入できません。
しかし、個人的に使用するという目的でしたら、海外から処方箋なしで購入可能です。
これは薬の個人輸入と呼ばれます。

直接海外から購入するには、英語や現地で使われている言語でのやり取りが必須となります。
こうした言語の壁があること、関税や輸送費の計算など、個人輸入は慣れてないとハードルが高いです。

そこで、個人輸入代行業者を利用するという方法があります。
代行業者を利用することで全て日本語でのやり取りが可能ですし、通常の国内ネットショップでの買い物のように薬が購入できます。

代行業者は複数あり、業者によって取り扱っている医薬品は違ってきます。
自分が欲しい薬を扱っている業者を利用することはもちろんですが、安心して利用できる業者を探すことも大切です。

扱っている医薬品についての説明がきちんとなされている、支払い方法や発送方法が明確である、価格が極端に高い、あるいは安いということがない、個人輸入についての解説がしてある、信頼できる代行業者を見るポイントはこのあたりです。
他にも、医師の処方箋があるならば提出を推奨している業者なども安心できると言えます。

個人輸入を上手に利用することで、医療費控除を使ったときよりも薬代が抑えられるケースも少なくありません。
医療費に悩んでいる方は検討がオススメです。